こだわりの木の家を埼玉に建てたいご家族のための住宅会社ガイド

HOME » 「本物」の自然素材の家を造るには?

「本物」の自然素材の家を造るには?

杉、ヒノキ、松など、さまざまな種類がある自然素材の特性を活かした木の家造りについて解説しています。

「無垢材」を的確に使った自然素材の家

現在、多くの住宅会社が手がけている自然素材の家。その多くは、ヒノキや杉など限られた木材を使って造られています。

その理由はいろいろですが、まず一つに、木材を仕入れるための取引先が多くなり、在庫を多く抱えるリスクが挙げられるようです。また、木材の種類によって異なる特徴を、職人が把握しきれないという理由もあります。

ですが本来、木材は家の部分に応じて最適なものが使われていた歴史があり、その用途も以下のように明確化されているのです。

  • 【杉】
    入手しやすく値段も安価。木目がまっすぐで、柔らかい。軽いので加工しやすく断熱性にも富む。柱や壁、天井に使われる
  • 【ヒノキ】
    乾燥性がよく柔らかく軽いが、高価。耐水性、耐久性に富み、強度が高く、香りも良い。柱、床、長押、鴨居等に使われる。
  • 【ヒバ】
    防腐性に優れ、最も耐水性のある、桧の仲間。土台や根太に使われることが多い。
  • 【松】
    ヤニ(脂)を多く含み、粘りがあり、特に圧縮力に強いため、梁などに使われる。

代表的な木材だけでも、これだけの違いがあります。 こうした木の特徴を知らずに、「オール桧」「オール杉」の家を作ってしまっては、もったいないのではないでしょうか。

木の家を手がける住宅会社の中には、材木の知識に長けていて、現在も適材適所の木材を取り入れた家造りを行っている会社もあります。

本物の木の家、本物の自然素材の家を造りたければ、そんな住宅会社を選ぶことも大事なのです。